WordPress

【画像圧縮プラグイン】EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方

EWWW Image Optimizer

こんにちは、Keisuke です。

今回の記事はこんな方向け

  • 画像を圧縮できるプラグインを探している方
  • サイトの表示速度が遅くて困っている方
  • EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方を知りたい方

「サイトが重いなぁ」と感じることはありませんか?

サイトがなかなか表示されないとストレスを感じるだけでなく、最悪の場合、読まれずに離脱されてしまう可能性もあります。

実際に Google がサイトの表示速度とユーザー直帰率の関係性について、 以下のデータを公表しています。

Googleサイト表示速度と直帰率の関係性
引用元:Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

・表示速度が1秒から3秒まで遅くなると、直帰率は32%増加する
・表示速度が1秒から5秒まで遅くなると、直帰率は90%増加する
・表示速度が1秒から6秒まで遅くなると、直帰率は106%増加する
・表示速度が1秒から10秒まで遅くなると、直帰率は123%増加する

引用元:Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

サイトの表示速度が遅くなる要因のひとつとして、「画像のファイルサイズ」があげられます。

Keisuke
Keisuke
画像のファイルサイズは小さくすればするほど、サイトの読み込み速度を上げることができますよ。

そこで本記事では、簡単に画像を圧縮できるプラグイン「 EWWW Image Optimizer 」の設定方法と使い方を詳しくご紹介します。

EWWW Image Optimizerとは

EWWW Image Optimizer とは、画像を劣化させることなく圧縮できる WordPress のプラグイン。

EWWW Image Optimizer の良い点は、画像をアップロードすると自動で圧縮してくれるところです。

さらに、EWWW Image Optimizer を導入する前にアップロードしていた画像もまとめて圧縮できる点はすばらしいの一言。

設定と使い方もわかりやすいので、初心者の方でも簡単に使用できます。

EWWW Image Optimizer のインストール方法

管理画面左のメニューから  プラグイン  →  新規追加  と進み、検索窓に EWWW Image Optimizer と入力 →  今すぐインストール  →  有効化 

EWWW Image Optimizer のインストール方法

インストールはこれで完了です。

EWWW Image Optimizer の設定方法

EWWW Image Optimizer で設定する必要があるのは、「ベーシック」と「変換」の2つだけ。あとはデフォルト設定のまま使用できます。

ベーシックの設定

 メタデータを削除  にチェックが入っているか確認しましょう。こちらはデフォルトでチェックが入っているはずですが、念のため。

ベーシックの設定

メタデータとは、画像を撮影した位置情報などのプライバシー情報のこと。特に必要ないのでメタデータは削除しておくとファイルサイズを小さくできます。

変換の設定

 コンバージョンリンクを非表示  にチェックを入れ、 変更を保存 

変換の設定

コンバージョンリンクを非表示にすることで、「 jpg → png 」や「 png → jpg 」のように拡張子が変わって画像の画質が下がるのを防ぎます。

その他の設定

その他のタブは設定を変更する必要はありません。

これで EWWW Image Optimizer の設定は完了です。

Keisuke
Keisuke
無事に設定が終わったら、次は使い方をみていきましょう。

EWWW Image Optimizer の使い方

画像の新規アップロード

EWWW Image Optimizer を有効化していると、新しい画像をアップロードすると自動で圧縮してくれます。

画像がどのくらい圧縮されたか見たい時は、メディアのライブラリで確認ができます。

アップロード済みの画像をまとめて圧縮

管理画面左のメニューから  メディア  →  一括最適化  →  最適化されていない画像をスキャンする  をクリック。これで既存の画像がまとめて圧縮されます。

画像の枚数が多い場合は、少し時間がかかります。

Keisuke
Keisuke
当サイトは3,000枚で40分くらいかかりました。。。

まとめ:画像圧縮によりサイト表示を高速化し、離脱率を下げる

以上、EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方でした。

繰り返しになりますが、サイトの表示速度が遅いと読者に離脱されてしまう可能性が高まります。それを避けるためにも画像の圧縮はしっかりと行っておきましょう。

EWWW Image Optimizer は一度導入してしまえば、そのあと特に何もする必要がないとても便利なプラグインです。

この機会にぜひ導入してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Keisuke
Keisuke
スペイン滞在3年目。一般企業を退職→バレンシアへ留学→マドリードで就職。WordPressとWebデザインを勉強&仕事受注中。学んだことを当ブログで発信しています。たまにスペインのことも。 訪問国は欧州20ヶ国50都市。