WordPress

WordPressにTwitterを埋め込む方法【ツイート&タイムライン】

WordPress Twitter

こんにちは、Keisukeです。

本記事では、ワードプレスにTwitterを埋め込む方法を画像付きでわかりやすくご紹介しています。

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

Keisuke

誰でもすぐにできるので、この機会にやっちゃいましょう!

WordPressにツイートを埋め込む方法

ツイートを埋め込む方法は以下の2つの方法があります。

  1. ツイートの【URL】をコピー&ペーストする方法
  2. ツイートの【コード】をコピー&ペーストする方法

それでは詳しく見ていきましょう。

ツイートの【URL】をコピー&ペーストする方法

まずはツイートの【URL】を使って埋め込む方法です。

Keisuke

ワードプレスを使っているのであれば、この方法が一番簡単です。

STEP①:ツイートの【URL】をコピーする

埋め込みたいツイートの画面を開き、上部にあるURLをコピーします。

ツイートURLコピー

STEP②:記事に【URL】をペーストする

コピーしたURLを記事内の表示させたいところにペーストします。

ビジュアルモードとテキストモードのどちらでもOKです。

ツイートURLペースト

ツイートの埋め込みはこれで完了です。

Keisuke

とっても簡単ですね!

参考にこちらが実際に埋め込んだツイートになります。

次にツイートの【コード】を使って埋め込む方法です。

ツイートの【コード】をコピー&ペーストする方法

この方法は主にWordPress以外のブログサービスを利用している人向けになります。

ですが、念のためこちらの方法もご紹介しておきます。

Keisuke

ちなみに僕はずっとこの方法でやってました…

STEP①:ツイートの【コード】をコピーする

埋め込みたいツイートから「ツイートを埋め込む」をクリック。

ツイート埋め込み選択

するとこの画面になるので、コードをコピーします。

ツイートのコードをコピー

STEP②:記事に【コード】をペーストする

コピーしたコードを記事内の表示させたいところにペーストします。

ワードプレスの場合はテキストモードでペーストする必要があります。

ツイートのコードをペースト

ツイートの埋め込みはこれで完了です。

参考にこちらが実際に埋め込んだツイートになります。

どちらの方法でも見た目に違いはありませんので、ワードプレスであれば最初にご紹介した【URL】を使って埋め込む方法を断然おすすめします。

続いてタイムラインを埋め込む方法に移ります。

WordPressにタイムラインを埋め込む方法

タイムラインを埋め込む方法は以下の流れになります。

  1. 「Twitter Publish」でタイムラインの【コード】をコピーする
  2. ウィジェットに【コード】をペーストする

それでは詳しく見ていきましょう。

タイムラインの【コード】をコピーする

タイムラインのコードは下の「Twitter Publish」というサイトからコピーすることができます。

https://publish.twitter.com/#

STEP①:TwitterアカウントのURLをペーストする

Twitterのプロフィール画面のURLをペーストします。

TwitterPublish①

STEP②:タイムラインを選択する

左側の「Embedded Timeline」を選択します。

TwitterPublish②

STEP③:必要な設定をする

Set customization options」をクリック。

TwitterPublish③

以下の画面になるので必要な設定をしていきます。

TwitterPublish④
  1. Height (px) =縦幅
  2. Width (px) =横幅
  3. 背景の色(ホワイト or ブラック)
  4. 言語

縦幅の設定をしないと縦に長くなりすぎるので、500〜600pxぐらいにしておくといいかと思います(ここはお好みで)。

他の設定はそのままで大丈夫です。

STEP④:コードをコピーする

設定が終わったらコードをコピーしましょう。

TwitterPublish⑤

次にワードプレスのウィジェットにこのコードをペーストします。

ウィジェットに【コード】をペーストする

外観ウィジェット → サイドバーに カスタムHTML または テキスト を追加します。

WordPressウィジェット

コードをペーストしたら、タイトルを「Twitter」と入力し保存しましょう。

タイムラインコードをペースト
※テキストの場合はテキストモードでペーストする必要があります

サイトを表示してサイドバーにタイムラインが出ていればOKです。

タイムライン埋め込み完成

タイムラインの埋め込みはこれで完了です。

WordPressにTwitterを埋め込む方法:まとめ

以上、WordPressにTwitterを埋め込む方法でした。

ブログにTwitterを埋め込むことで、ツイートを元に記事を書いたり、タイムラインを見た人がTwitterをフォローしてくれたりなど、双方にメリットが生まれます。

この機会にぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Keisuke
Keisuke
スペイン滞在3年目。一般企業を退職→バレンシアへ留学→マドリードで就職。WordPressとWebデザインを勉強&仕事受注中。学んだことを当ブログで発信しています。たまにスペインのことも。 訪問国は欧州20ヶ国50都市。